競技ブーメランとの出会い

ゼミが始まってから約半年、西山教授へ講習会のオファーが入りました。
それは、木製ブーメランを作り、ペイントをする内容。

詳細は忘れてしまいましたが、「オーストラリア」を中心としたイベントだったと思います。
これまた初体験の講習会で、どんな感じだろうと興味津々でした。(笑)

10月の秋晴れの中、大阪吹田市の万博公園の広場でそれは開催され、『太陽の塔』をバックに、子どもや大人達が、ブーメランを飛ばし楽しまれました。

そんな中、東京から二人のゲストが!!!
日本ブーメラン協会の渡辺和男氏の親子で、講習会の間で、デモンストレーションが行われました。
それを見て、トギーは度肝を抜かれたのです。

飛距離、スピード、正確さ、そして変わったキャッチなど、惜しみも無く披露。
それはそれは優雅に飛ぶ、ブーメランに魅せられたのです。
今まで、飛ばしてキャッチするだけだったトギーにとっては、目から鱗が落ちまくりのテクニックばかり。
それが、競技ブーメランとの出会いとなりました。

渡辺氏親子にブーメランを見せてもらい、投げさせてもらいましたが、飛びは抜群な上、塗装もきれいなものばかり。
競技ブーメランのルールを聞き、まねごとをさせて頂きましたが、ブーメランの性能が良く、そこそこ出来てしまいました。(笑)

特にトリックキャッチは、見よう見まねでしたが、背中キャッチや足下キャッチも、この時に初めて成功!
すっかり、競技ブーメランの虜へ!

25年前、渡辺和男氏に出会わなかったら、競技ブーメランを始めていなかったと思います。
その後、趣味だったブーメランから、競技ブーメランの世界へ足を踏み入れていったのでした!

ってなことで、競技ブーメランとの出会いのお話しでした。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です