初心者の頃のブーメラン練習法

トギーが初心者の頃にしていた、ブーメランの練習法を紹介したいと思います。
とは言っても、簡単なことですけどね。(笑)

ぼちぼち作ったブーメランも、数十本に。
その頃には風の具合で、投げるブーメランをチョイスすることも、できるようになっていました。

ただ、それでは面白くないので、どんな風でも「全種類のブーメランをキャッチする!」と言うウォーミングアップをしてから、風にあったブーメランを投げ込むと言うルールを作りました。

実はこれがもう大変・・・。
とにかくどんな風でも、まず全種類キャッチしないといけないので、必死でキャッチを試みます。
戻りの良いブーメランもあれば、イマイチのブーメランもあり、ドタバタしまくり。
それで、キャッチ出来たら、1本ずつ地面に並べていきました。

これが、結構、快感だったのです。
ドンドン並んでいくブーメランを見ていると、思わずニタニタ。(笑)
そして全部、キャッチ出来たときには、達成感がグッときました!
ちなみに、風の強いときは、これだけで2時間ぐらい、かかったことも・・・。

それと、あとから気づいたのですが、この練習法はトギーにとって、非常に良かったです。
知らず知らずのうちに、風の具合で投げる力加減や、傾き加減など、いろいろな工夫をして、投げていたのです。
とにかく、キャッチしないと、次に進めないので、「このブーメランはどのように投げるのがベストか?」を常に考えるようになっていました。

これが後に、手首の柔軟さや、力加減の調整など、柔軟な投げに繋がっていったのでした。
半分、遊びでやっていたことが、実は良い練習になっていたのだ!(笑)

ってなことで、トギーが初心者の頃にやっていた、練習方法のお話しでした。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です