初めてのブーメラン競技会とエリック氏

日本ブーメラン協会に入会した我々に、会報が送られてきました。
その中に、『ジャパンオープン』(当時はジャパンカップでは無く)と言う記事が!

1993年8月、神奈川県平塚市で、競技会が行われるとのことでした。
我がブーメラン研究会は、もちろん初参加することに!
余談ですが、トギーは長かった髪をスポーツ刈りにして、気合いを入れちゃいましたよ。(笑)

初参加の競技会は、とにかく要領もわからず、無我夢中でした。
ルールも完全に把握していなかったので、前の選手の動きをよく見て、投げていた感じでした。

今でも覚えているのは、2枚翼ブーメランでファストキャッチに挑み、40秒台を記録を残したこと。
そして、オージーラウンドで2枚翼を投げ、数回ブルズアイ付近に戻したこと。
結果、オージーラウンドで3位に入り、総合で確か7位だったと記憶しています。
初参加としては、上出来すぎる結果でした。

試合後、アメリカから招待され来ていた、エリック・ダーネル氏にいろいろ教わりました。
エリック・ダーネル氏はNikonのコマーシャルで、頭の上にリンゴを載せ、割るという技を披露した方で、ブーメランの世界では大変有名な選手。

身振り手振りで、ブーメランのチューニング方法を教わりました。
翼の上げ下げや捻り方などなど。
この時、エリック氏がもし来ていなかったら、日本のブーメランレベルは、ここまで上がらなかったと思います。
それぐらい、いろいろなテクニックを披露してくれたのだ。

ってなことで、初競技会とエリック・ダーネル氏のお話しでした。
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です