生まれ続けるブーメラン企画

ブーメランを長く続け、いろいろな方と出会うと、少し変わった依頼を受けることがあります。
そんな、提案された企画の中から、ボツになったもののお話し。

  • ガチャガチャでブーメラン!
    とある会社からの企画で、少し大型のガチャガチャにブーメランを入れて、全国展開したいというお話でした。
    大きさや材質など、いろいろテストを積み重ねました。
    が、こればっかりは、大きさが合わず、うまく戻すブーメランは作れませんでした。

 

  • 中国でブーメラン!
    某大手のおもちゃメーカーからのお話し。
    「トギーさん、10億人以上ですよ!
    ほんの少しの人がブーメランを投げるだけで、大ブームですよ!」と夢のある企画でした。
    が、中国側の反応がイマイチだったのか、頓挫してしまいました。

 

  • ファミレスでブーメラン!
    これはアメニティグッズとして、キャラクターの入った紙ブーメランを作る企画でした。
    「少し科学的で知的なものにしたい!」と言うお話しでした。
    が、「ファミレスでブーメランが飛び交うのはまずい・・・。」という話しになり、立ち消え。

 

  • リングでブーメラン!
    とあるプロレス団体の覆面レスラーからの企画でした。
    リングインして、ブーメランを投げてアピールし、キャラクターアイテムとして使いたいと言うお話しでした。
    が、残念ながら、企画途中で頓挫しちゃいました。
    でも、覆面レスラーと飲みに行けるという、良い経験ができました。(笑)

長くやっていると、いろいろな話しが、入ってくるものですね。
ちなみにテレビ出演でも、3割ぐらいは、打ち合わせの段階でボツになっています。
イメージ的に、ドンピシャで戻せると思われているようです。(苦笑)

ってなことで、生まれ続ける企画のお話しでした。
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2 Comments

KTA

ブーメランの認知度の高さとイメージのギャップがこんな所にも出るんですね(笑)

返信する
トギー

「簡単にできる」と言うイメージも根強いですね。
リモコンのように飛ばせると思うみたいです。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です