プロレス LOVE

トギーはプロレスが好きなのだ!
昔はよく観戦にも行っていましたし、最近ではTwitterでもよく書いています。

そんなプロレスとの出会いは、遡ること38年前、1980年8月1日(金)のことでした。
トギー少年は8歳で小学校3年生の時。

なぜガッツリ日にちまで覚えているかというと、8月1日は毎年、地元で花火大会があり、ビデオにドラえもんのタイマー予約をしていきました。
そのあとに偶然、プロレスも録画されていたのでした。
当時はプロレスが金曜日の20時からの放送だったので、ハッキリとした日にちも覚えているわけです。

その録画されていたプロレスを見て、あっという間に虜になりました。
華麗なるドロップキック、鋭いスープレックスなどなど。
特にジャーマンスープレックスは、印象的でしたね。

当時はやはりアントニオ猪木選手の『闘魂』に夢中で、大ファンでした。
延髄切りに卍固め、たまりませんでしたね。(笑)

一度ハマるとなかなか抜けられないトギーは、38年間プロレス好きが続いています。

そんな中、最近、大ファンになったのが、アメリカのWWEで活躍されている女子プロレスラーの『ASUKA/明日華』選手。
妖艶で華麗な入場シーンはもちろんのこと、試合運びや卓越した関節技・打撃攻撃が、とにかくかっこいい。
しかも、アメリカのリングに上がってから、267連勝と言う記録も作られたのだ。
近々、WWEのタイトルも奪取されることでしょう。

実は女子選手でファンになったのは、ASUKA選手が初めて。
同じ大阪出身と言うことで、気合いを入れて応援しています。
Twitterでフォローもしていただき、嬉しい限りなのだ!

今後も、ASUKA選手推しで行きますよ!
ぜひ、みなさんも注目してみてください。

ってなことで、今回はプロレスLOVEの熱い(?)お話しでした。
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です