まもなく:近頃のトギーTV

VISAでタッチがApple Payに対応したのに使えない!?

今回は、先ほどコンビニでできなかった、『VISAでタッチ』の対策を書きます。

VISAがApple Payに対応

今まで意外なことに、Apple PayにVISAが対応していませんでした。

もしかしたら、よくわからない方もおられると思いますが、今までは『VISA』のクレジットカードをiPhoneに登録した場合、『ID』で支払うようになっていました。

それが、2021年5月11日からApple Payに対応し、『ID』でも『VISA』カード自身で決済ができるようになったのです。

注意
2021年5月11日以前に、すでに登録されている方は、下記の説明をご覧ください。

最初に確認

『設定』を開き、『 WalletとApple Pay 』をタップします。

続いて、すでに登録している『VISA』ブランドのカードをタップします。

そして、『デバイスアカウント番号』が、『ID』と『VISA』二つになっている方は問題がありません。

もし、下記のように一つの場合は、タッチ決済ができません。

登録のし直し

もし、Apple Watchにも『VISA』カードを登録している方は、念のためApple Watchから削除しましょう。

Watch』アプリをタップします。

上記の説明と同じく、『 WalletとApple Pay 』をタップします。

同じく『VISA』ブランドのカードをタップします。

そして、一番下部にある『このカードを削除』をタップし、カードを削除します。

これで、Apple Watchに入っている、カードが削除されました。

続けて、本体も同じように、『 設定 』➡『 WalletとApple Pay 』➡『 VISA 』カード➡『このカードを削除』をします。

再登録

これで、Apple WatchからもiPhoneからも、VISAカードが削除されました。

そして、再登録を行います。

詳しいやり方は、こちらをご覧ください。

最終確認

再登録が終わりましたら、『 設定 』➡『 WalletとApple Pay 』➡『 VISA 』カードと進み、『デバイスアカウント番号』が、『ID』と『VISA』二つになっていれば、完了です。

これでコンビニなどで、『VISAでタッチで』と言い、iPhoneかApple Watchをかざすと、VISAカードから直接支払いができます。

ちなみに、2021年6月30日(水)まで『Visa の Apple Pay 対応記念!最大1,000円分プレゼントキャンペーン』が行われているので、使うとお得ですよ!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ