まもなく:近頃のトギーTV

トギーはなぜ、Appleに夢中? ①

今回は、トギーがApple信者へなっていくお話しです。

公民館

話しは今から約30年前になります。

小学生の頃から『公民館』へよく行っていたトギー少年。

だいたいは中学生になる頃から、そういった地元の施設から離れていく同級生が多いのですが、トギー少年は大学生になっても、顔を出していました。

いつも通り公民館へ行ってみると、とあるポスターに目が留まりました。

パソコン教室の参加者募集

子供の頃からパソコンは好きだったけど、ゲーム専門だったので「ちゃんと勉強してみよう!」と思い応募。

第1回目の授業の前に、応募多数で抽選と言うことになりました。

定員20名のところに、30名近くの応募があり、札を引いていきます。

強運の持ち主・トギー少年は「外れるわけがない!」と言う、なんの根拠もない自信の元、右腕で箱に手を突っ込み、札を引き上げました!

結果は「イヤォ〜!」ってことで、あっさり引き当てました。(笑)

Windowsじゃない

パソコン教室へ行くと、周りはおじ様とおば様だらけ・・・。

軽く浮き気味のトギー少年でしたが、その頃から物おじせず、ドーンと真ん中に座りました。(笑)

一人一台パソコンが目の前にあるわけですが、あまり見慣れない感じの機械。

それもそのはず、その頃に『Windows 95』フィーバーがあったのです。

発売日の前日から電気屋さんに並び、午前0時に発売を開始するぐらい日本中が大熱狂となり、訳もわからず購入した人もいたとか!?(笑)

ところが、我が街の公民館はちょっと変わっていて、WindowsではなくMacintosh(Mac)を設備として導入していたのです!

その頃のトギー少年は、Windowsは知っていたもののMacintoshの存在は知りませんでした。

そしてM先生が登壇し、プリントを配布しました。

そこに書いてあったタイトルが『パソコンの潰し方』!!!

箇条書きで、「高いところから落とす」「水をかけてみる」「投げ飛ばす」など、当たり前のことがずらり!(笑)

今でも多いと思いますが、パソコンのような機械になると、「何かしたら、おかしくなる!」と最初から恐怖心を持っている人が多いので、そのようなプリントを渡し、恐怖心を和らげてくれたのです。

このアイデアは今でも凄い発想と思っています。

Macintoshとファーストコンタクト

そしていよいよMacintoshに触れ始めました。

ん? マウスのボタンが一つだ!」と今でもそう思っている方と同じことを・・・。(笑)

参照:『Macへの誤解を並べてみました

まあ、そんなことも気にせず、とりあえずマウスを持ち、モニタを見ました。

M先生から、「左にメニューがあるので、のマークを押してみて(クリックして)」と。

そして、「画面の中央に矢印を持っていき、ボタンを押しながらマウスを動かしてみてください!

!!!

楕円の丸が描かれたのです!(⬅︎文章としておかしいですが雰囲気でw)

これには本当に驚きました・・・。

続いて、「キーボードにshiftキーと言うボタンがあるので、それを押しながら、マウスを同じく動かして!

!!!

なんてこったい!

真ん丸ができたじゃねーか!

これは本当に衝撃でした。

絵心が全くなかったトギー少年は、真ん丸がこんなに簡単にできることに感動を通り越して、『感止?』したのです。(苦笑)

まとめ

ちょいと、こんなお話しも挟んでいこうと思っています。

一応、『ハイブリッド』とタイトルに付けていますので、有益な情報プラス無益な情報も発信していきます。(笑)

さて、何回続くやら???

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ