まもなく:近頃のトギーTV

iPhone・iPad|Kindleの電子書籍を読み上げを使いプチオーディオブック化へ

 

みなさんの中で電子書籍を購入して、放置状態という方が多くないですか?

特にAmazonの『Kindleストア』のセールで購入したものの、『Kindle』アプリの中にあるため、忘れてしまっている方も・・・?

 

偉そうに書いているトギーですが、実は活字が大の苦手。(苦笑)

今度こそ!今度こそ!と思いつつ購入しても、結局、データの肥しに・・・。

もったいない話しです。

 

そんな中、iPhoneiPadの機能の一つに『読み上げ』と言うものがあります。

これを使えば画面の文字を読み上げてくれるのですが、これがKindle』アプリに対応しているのです!

と言うことで今回は、『Kindle』の本を読み上げさせて、『プチオーディオブック化』へする話しです。

注意
読み上げ』機能は『電子書籍』のみ対応しており、『マンガ』や『アプリの解説』の電子書籍には対応していないので購入時にご注意を!
Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効』と言う表記があれば大丈夫です。

また、下記の操作は『iPhone』を基本に説明していますが、iPad』でも同様の操作を行えば『読み上げ』は可能です。

準備(Kindleを初めて使う場合)

Amazonの『Kindle』自体を使用されていない方もおられると思うので、まずは準備から。

こちら』アプリをダウンロードしてください。

 

Kindle』アプリをタップして起ち上げると、下記のような画面が表示されるので、Amazon』の『アカウント』でログインします。

 

 

すでに購入をしたことがある方は、下部のメニューの『ライブラリ』をタップすると、本の表紙が出てきます。

 

 

表紙をタップすると、下記のように文章が表示されます。

通常は下記の画面を読んでいくのですが、これを『読み上げ』させるわけです。

 

 

読み上げの設定

それでは読み上げ』機能の設定をしていきましょう。

 

設定』➡『アクセシビリティ』➡『読み上げコンテンツ』の順でタップしていきます。

 

 

下記の画面で『選択項目の読み上げ』と『画面の読み上げ』をオンにします。

MEMO
選択項目の読み上げ』はオンにしなくてもよいですが、Safariのネット記事などで、読めない漢字がある場合、その部分を選択すると『コピー』などの項目と一緒に『読み上げ』と言う項目が表示され、選択した部分を読み上げてくれます。

続いて『読み上げコントローラ』をタップします。

 

 

コントローラを表示』をオンにすると、左隅に『矢印マーク』が表示されます。

下記の『待機状態時の不透明度』で、目立たなくさせることも可能です。

 

 

Kindle』アプリに戻り、左隅にある『矢印マーク』をタップすると、下記のようなメニューが表示されるので、『再生マーク』をタップすると、読み上げ』が始まり、『プチオーディオブック』となります。

MEMO
メニューはしばらくすると、左隅に戻ります。
ページは自動にめくられ、文面を追いながら聴くスタイルも可能です。

 

 

読み上げスピードの調整も可能で、下記の部分をタップすると、『2倍速』『1/2倍速』が選択できます。

 

 

基本の『1倍速』のスピードを、先に説明した『設定』の中の『読み上げコンテンツ』の下部にある、読み上げ速度』で変更可能です。

好みの速度へ調整しておけば、『2倍速』などを使う必要がなくなります

 

 

MEMO
Kindle』アプリは『オフライン再生』に対応しているので、iPhoneiPadスリープ状態(画面をOFF)』にしても、『読み上げ』は続きます

 

 

iPhoneでの応用

iPhone』では、『アクセシビリティ』の中に『タッチ』と言う項目があります。

例えば、『タッチ』の中の『背面タップ』をオンにし、『ダブルタップ』を『画面の読み上げ』を選択します。

 

 

そして、『Kindle』アプリで文面を開いた状態で、iPhoneの『背面(裏側)』を、トントンと『ダブルタップ』すると、『読み上げ』のメニューが表示され、素早く『読み上げ』を開始することができます。

 

 

まとめ

このテクニックを使えば、移動時間中に本を聴く(読む)ことができます。

移動中などに小さい文字を読んでいると、乗り物酔いをしやすいので、プチオーディオブック化有効な手段だと思います。

また、乗り換えや徒歩でも、本を聴く(読む)ことができれば、音楽を聴くのもよいですが、知識をインプットする時間にもできます。

現代版、二宮金次郎ですね。(笑)

 

なお、現状はロボット的な『読み上げ』で、読み間違いもあります。

今後、ドンドン進化していき、数年後には『抑揚』や『感情』なども、プラスされていくことでしょう!

ぜひ、お試しください。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ