まもなく:近頃のトギーTV

iPhoneの着信画面の応用テクニック!

 

今回は、iPhoneでの着信時の応用テクニックを紹介します。

この人誰だっけ?

仕事や一度に多くの方と名刺交換をしたあと、『連絡先』へとりあえず登録しておくことが多いと思います。

その後、よく連絡を取り合う人は良いのですが、しばらく経ってから連絡をいただくとあれ?この人誰だっけ?と思い出せないことが・・・。

連絡先は増えていく一方なので、そう言う時のために、ちょっとした裏技です。

 

 

顔写真を

特になのですが、トギーは人の名前と顔を覚えるのが大の苦手。

ブーメラン時代は、テレビ関係者、講習会担当者、出版社の方々など、一度しか合わず数年後に連絡をいただくことが多々ありました。

その時に思いついたのが、『連絡先』アプリの『顔写真』の項目です。

本来は、写真を撮らせていただいて使うべきところですが、初対面の方に写真をお願いするのは難しい・・・。

それで、メモ書きをして設定することにしました!

 

 

そして着信!

そして、着信があると下記の画面が表示されます。

これだと、思い出すきっかけになり、相手に失礼が無く会話に入れます。

 

 

設定方法

上記は『Photoshop』を用いて、かなり凝った作りをしています。

ここまでする必要は無いので、手書きのメモや名刺に書き込んで、カメラで撮影してその写真を使うだけで良いと思います。

連絡先』アプリを開き、該当者を表示し『編集』をタップします。

 

 

写真のアイコンをタップします。

 

 

撮影した写真を選びます。

 

 

あとは、写真の大きさを調整して、『完了』をタップしてできあがり。

これで着信時に、上記のような画面が出てきます。

 

 

操作中に

iPhoneを操作中に着信があると、iOSがアップデートされてから、下記のような表示に変わりました。

 

 

これでは、わからないので着信時に『フルスクリーン』に設定を変更します。

設定』から『電話』をタップします。

 

 

着信』をタップします。

 

 

バナー』を『フルスクリーン』にすると、これでiPhoneを操作中でも、セットした画面が表示されます。

 

 

まとめ

着信があって、アタフタしないための、ちょっとしたテクニックを紹介しました。

何かの参考になれば幸いです。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ