公式LINEアカウント

必見!Apple Watchで何ができるの?( 特徴・活用方法など)

Apple Watch』を使う人がどんどん増えてきていますね。

ただ、実際に何ができるのか、わかっている人は、意外に少ないです。

今回はトギーが発売日から使い、「何ができるの?」とよく聞かれることをまとめてみました。

Apple Watchの歴史

少しだけ、Apple Watchの歴史を振り返ります。

2015年4月24日、初代のApple Watchが発売されました。

スティーブ・ジョブズが亡くなり、ティム・クック体制となってからの初カテゴリーとして、注目を浴びました。

3種類のモデルが発売され、特にゴールド製は200万円を超える価格!!!

その後、毎年発売されて、2022年8月現在で、『Apple Watch Series 7』と機能を絞った『Apple Watch SE』の2種類がメインで販売されています。

Apple Watchの大きさ

大きさは、Series 1〜3までが38mm42mmでしたが、Series4移行は40mm44mmと2mm大きくなりました。

その代わりに、少し薄くなっています。

メモ

バンドの大きさは変わらず、Series 1〜7まで共通になっています。

Apple Watchの注意点

Apple Watchは『iPhone』ありきの商品のため、単体で買っても使用できません

メモ

さまぁ〜ずの三村さんが、かっこよかったという理由でNikeモデルを購入し、Androidだったため、息子さんに渡したという話しもありました(笑)

Apple Watchは何ができるの?

さてここからが、一番興味が出てくるポイントでしょう。

箇条書きで説明していきます。

1.時計機能

当たり前ですが、これが無いと「Watch」と呼べませんね。(笑)

便利なのは、iPhone同様、海外旅行時にちゃんと時差が反映されます。

2.メール、LINE、メッセージなどの通知が来る

この機能が最大に売りと言っても、過言では無いでしょう。

iPhoneを見なくても、Apple Watchが震え、通知が届きます。

そして、Apple Watchの画面で、プレビュー表示ができ、内容が確認できるわけです。

急ぎの場合は、iPhoneを取り出して、返信する流れになりますが、簡単な文章であれば、Apple Watchだけでも返すことができます。

3.電話に出られる

カバンやポケットにiPhoneを入れている場合、急いで取り出す必要がありますが、Apple Watchを使えば、スピーカーホンで通話ができます。

昔のSFの世界が実現!(笑)

ただし、周りに丸き声なので、トギーは「かけ直します」と言って、切ることもしばしばあります。

さらに、iPhoneDoCoMoauSoftBankと契約している方は、有料にはなりますがApple Watch単体に専用の電話番号が設定でき、万が一iPhoneを忘れても、電話などを使うことができます!

4.支払ができる

こちらも非常に便利な機能です。

iPhoneSuicaクレジットカードを登録しておくと、Apple Watchで支払ができてしまいます。

例えば、電車に乗るときにタッチするだけで乗車できるわけです。(操作無用)

また、コンビニやファミレスなどの支払いの時も、『ID』か『QUICPay』などに対応している店であれば、サイドボタンをダブルクリックして、カードを選びタッチするだけです。

5.スポーツが楽しくなる

ジョギングやスポーツが好きな人は、大変助かる機能です。

ワークアウト』を選び、走り始めると、心拍数と距離が表示されます。

心拍数を基準にして、走るペースを調整したり、「今日は5キロ走ろう!」など、目標になります。

6.健康管理ができる

ジョギング時の心拍数はもちろんのこと、平常時の『心拍数』『心電図』『血中酸素濃度』が測れ、もし異常な数値を感知した場合、通知をしてくれます。

実はこの機能で、症状がないのに通知が来て、病院へ行って検査をしたら異常が見つかり、命が助かった事例が世界で多数!

また、転倒して意識を失ったとき、動きが無かった場合は、緊急連絡してくれる機能もあります!

まとめ

まだまだできることはありますが、大きなポイントは上記なような感じです。

トギーは以前にも書きましたが、二つのApple Watchを使って、24時間ほぼ付けっぱなしです。

近い将来には 『血糖値」『血圧』も測れることが予想されます。

ますます欠かせないデバイスになっていくので、お勧めしますよ!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

近頃のトギー・ハイブリッド - にほんブログ村