Instagramを始めました!

Apple WatchでLINEの返信をしちゃおう!

 

今回は、Apple Watchで『LINE』の返信をする方法を、紹介します。

定型文、音声、スタンプ、そして音声入力など、いろいろな返信方法があります。

下準備

まず、『Apple Watch』で『LINE』が使えるようにする必要があります。

Watch』アプリを開き、下へスクロールすると、利用可能なAPPの中にLINEがあるので『インストール』をタップします。

 

 

インストール後、『Apple Watch』の『ホームボタン(Digital Crown)』を押し、『LINE』のアイコンをタップします。

画面に『QRコードログイン』と表示されるのでタップすると、『QRコード』が表示されます。

 

 

iPhoneの『LINE』アプリを起ち上げ、『ホーム』をタップし、右上の『友だち追加』マークをタップします。

 

 

QRコード』をタップすると、カメラ画面に変わるので、先ほど『Apple Watch』に表示した『QRコード』を読み取ります。

 

 

 

iPhone側で下記の画面が表示されるので、『ログイン』をタップします。

 

 

ログインすると、下記のようなメッセージが届きますが、自分でのログインなので問題ありません

MEMO
コード認証』が必要な場合があり、4桁の数字を打ち込む画面が出ることもあります。

 

 

以上の操作で『Apple Watch』で『LINE』が使えるようになりました。

 

 

定型文の修正

続いて、『定型文』を自分好みに修正していきましょう。

iPhoneの『LINE』アプリの『ホーム』をタップし、右上の『設定(歯車マーク)』をタップします。

 

 

新たに『Apple Watch』という項目が追加されているので、タップします。

 

 

 

定型文が10個、デフォルトで並んでいます。

右上の『編集』をタップし、いらないものは削除し、自分好みのメッセージやよく使うメッセージを入れましょう。

 

 

トギーは『Apple Watch』で返信する場合、手が離せないことがほとんどなので、下記のようなメッセージにし、一番上に持ってきました。

MEMO
メッセージの順番は、右にある『横棒三重線マーク』で移動できます。

 

 

定型文』のカスタマイズが終われば、右上の『完了』をタップすることで、『Apple Watch』にデータが送られます。

 

 

いざ実線!

おっと!いろいろ書いていたら、『Apple Watch』に通知が!

 

 

ブログを書いている途中なので、『返信』をタップするか!

 

 

ちゃんと、『定型文』を作っておいたので、タップ!

 

 

などと、軽く寸劇風に説明しました。(笑)

 

他にも、左の『マイク』マークをタップすると、「音声(生声)」で返信ができます。

細かい内容を伝えたいときは、音声もありですね。

 

 

右の『絵文字』マークをタップすると、よく使っている絵文字で返信ができます。

 

 

さらに

さらに、もう少し踏み込んだ返信方法もあります。

通知が来たら『返信』では無く、『本文』部分タップします。

 

 

下記のような画面になり、左の『スタンプ(顔)』マークをタップすると、『LINE』のデフォルトのスタンプで返信が可能です。

 

 

右の『吹き出し』マークをタップすると、音声での『文字入力』ができ、『文字』で返信ができます。

 

 

まとめ

Apple Watch』での『LINE』の返信方法をいろいろ書いてきました。

iPhoneが出せない状況や、とりあえずのときに使えると思います。

また、『Apple Watch』で『モバイルデータ通信』を契約している方は、万が一iPhoneを家に忘れた場合でも、『Apple Watch』単体で『LINE』のやりとりも可能です。

MEMO
モバイルデータ通信』に対応しているキャリアは、SoftBank・au・docomoの3社だけです。(2021年6月現在)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ