まもなく:近頃のトギーTV

iPhoneのパスコードを見直そう!

 

今回は、iPhoneの『パスコード』の変更方法を紹介します。

パスコードについて

iPhoneを使用するとき、『パスコード』を打ち込んで、ロックを解除するのは当たり前の話しです。

最近の『パスコード』は『6桁の数字』が一般ですが、昔は『4桁の数字』がデフォルトでした。

単純な話しですが、4桁と6桁ではパスコードを破られる可能性は全然違いますよね。

 

4桁の数字』の場合、画面を斜めにして見たとき、『指紋の跡』で解除されたという話もあります。

6桁の数字』になってからでも、下記のような並びでは、第3者が覗き込み、万が一iPhoneを奪われた場合、どうしようもありません。

 

 

パスコードの変更

注意
今からパスコードの変更を紹介しますが、必ずメモを取って進めてください。
慣れるまでは、そのメモの保管を必ずしましょう。

 

設定』から『Face IDとパスコード』をタップします。

 

 

現在の『パスコード』を入力します。

 

 

続いて、『パスコードを変更』をタップします。

 

 

古いパスコード(現在のパスコード)』を入力すると、下記の画面が出てきます。

カスタムの数字コード』は『6桁の数字』で、『カスタムの数字コード』はキーボード画面が出てきて、アルファベットの大文字小文字と数字を組み合わせることができます。

最低でも『カスタムの数字コード』を選びましょう。

もし、個人情報が多く入っている場合は、面倒でも『カスタムの数字コード』を絶対にお勧めします。
(重要書類を写真で保管している、銀行系のアプリを入れている、暗証番号などが多数ある場合など)

ちなみにトギーは、『カスタムの数字コード』でこの世に存在しない言葉と数字を組み合わせています。

 

 

カスタムの数字コード』を選ぶと、『新しいパスコードを入力』が表示され、2回打ち込んでパスコードが変更されます。

注意
くどいですが、ランダムな数字を入れた方は必ずメモを!

 

 

Apple Watch

頻繁にiPhoneを見る方は、どうしても安易なパスコードになりがちです。

そう言った方のとりあえずの対策として、『Apple Watch』を持っていると、マスク姿でも解除が可能です。

Apple Watch』を接続している方は、下記のような項目が追加されますので、『APPLE WATCHでロック解除』を『ON』にすると、マスク姿でもロック解除が可能になります。

MEMO
この解除方法はApple Watchの有無で解除ができるため、支払いのときなどはパスコードを打ち込む必要があります。

 

 

まとめ

コロナ禍が続く中、マスクがいつ外せるかの見通しは立っていません。

指紋認証』の回帰も期待されていますが、水仕事をしている方などは、すぐに認証ができなくなってしまうことも多いようです。

どちらにしても、『パスコード』の打ち込みは定期的に必要な上、複雑に越したことはありません。

安易なパスコードを使用されている方は、面倒でも今一度見直しをお勧めします。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ