Instagramを始めました!

AirTagを保護する『衝撃吸収保護フィルム』 TR-AT21-PT-SKCC レビュー

 

Appleから新たな分野で発売された『AirTag(購入時の記事)」ですが、財布の小銭入れに入れています。

硬化と擦れて、キズが付いたり、色が変わってくるのは承知の上だったのですが、とある商品が目に留まりました。

トリニティから発売された『AirTag 高透明 衝撃吸収保護フィルム 2セット入り』を購入しましたので、レビューをお届けしたいと思います。

ちなみに、今まで小袋に入れて、小銭入れに入れてました。

特徴と仕様

MEMO
ホームページを参照させていただきました。

<特徴>

  • 気泡ゼロの「バブルレス®」仕様
  • 安心の日本製素材
  • 高い衝撃吸収性能でAirTagを守る
  • 指紋が拭き取りやすい「防指紋加工」
  • 向かってくる衝撃を拡散・吸収し、堅牢に守る
  • こだわりの日本製素材を使用した【Powered by Japan】製品
  • 皮脂がよく落ちる、マイクロファイバークロス付属
  • 一気に埃を取り除く、大型埃取りテープ付属

 

<仕様>

  • カラー/タイプ : クリア
  • 製品サイズ : 31 × 31 × 0.23mm(W × H × D)
  • 製品重量 : 1g
  • パッケージサイズ : 60 × 200 × 11mm(W × H × D)
  • パッケージ重量 : 15g
  • 対応機種 : AirTag
  • SKU : TR-AT21-PT-SKCC
  • JAN : 4582269529363

 

 

中身一覧

中身は

  • 保護フィルム2セット
  • マイクロファイバークロス
  • 埃取りテープ
  • アルコールシート

スマホの保護フィルムと、ほぼ同じ構成ですね。

 

 

いざ貼り付け

Appleマークが付いている方が表面で、保護フィルムも表面が少し小さくなくなってます。

 

 

黄色いところの裏が、保護フィルムの密着面になるので、上(A)の剥がします。

 

 

黄色い部分を合わせて、Appleマークの付いたシルバー面に貼り付けます。
左のタグが付いている方の裏面は、密着面になっているので注意を!

 

 

右側の裏面には透明シートが付いているので、剥がしつつ粘着シートを付けます。

 

 

最後にタグを取って、貼り付け完了です。

 

 

裏面の流れ

一緒なので、写真で流れを紹介します。

 

 

比較

左が保護フィルムを貼ったAirTagで、右が普通の状態です。

見た目はほぼわかりませんね。

これで、AirTagをずっときれいに保てます!

 

 

まとめ

商品の詳細はこちらをどうぞ。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ