まもなく:近頃のトギーTV

Apple Magic Keyboard(テンキー・JIS)のキーボード防塵カバー レビュー


できれば、Apple製品を始め電子機器類はキレイに保ちたいですよね!

そんな中、一番接するのは『キーボード』では無いでしょうか?

直接手で触る上、キーの間に『ホコリ』が入って付着しやすい。

さらには、コーヒーなど『飲み物』を横において作業し、何かのはずみでキーボードへ・・・。

もし、糖分入りの飲み物だったら拭き取ったとしても、キータッチ』が悪くなるのは必至!


そう言ったことを全て解決してくれるのは、『キーボードカバー』です。

特にApple製品が好きな方は、キレイに使い保ちたい人が多いと思います。

今回は、Appleから出ている『Magic Keyboard(テンキー付き)』の『キーボード防塵カバー』を紹介します。

エレコム製・キーボードカバー

Apple製の『キーボードカバー』を探してみると、ほとんど無くエレコム製の1択になります。

それが『Apple Magic Keyboard (テンキー付き) (JIS)用 PKB-MACK2』になります。

注意

テンキー付き』で『JIS用』なので、要注意です。



わりとリーズナブルな価格なので、トギーは送料なども考慮して、まとめ買いをしています。

ただし細長く薄いので、結構場所を取ってしまいます。(笑)



装着

早速、装着してみましたが、もちろん大きさもぴったり!

ほぼクリアなので、文字が見えないことはあります。


装着してからすでに数週間経った写真のため、ホコリが付着していますが、ちゃんとカバーしてくれています。(笑)



使用感

そして肝心の使用感ですが、トギーは『ブラインドタッチ』をしますが、素材自体がかなり薄い作りなので、違和感なく使えています。

また、『ブラインドタッチ』用に、「 F 」と「 J 」に『凸部』があり、自然と指が導かれます。


ただ、一つ問題がありました。

薄い作りと言うことで、よく使うキーが、膨らんできてしまいます。

言い換えると、たるんでくる感じでしょうか。

こんな感じ。



特にショートカットを使う場合に欠かせないコマンドキー』が浮き上がってきて、長く使っているとパカパカな感じになります。

それと、写真には写っていませんが、『 w 』のキーも浮いてきます。

どちらのキーもよく使うため、こればっかりは仕方がないと思います。



ある程度、消耗品と考えて、ライターさんなどキーボードを頻繁に使う方は、違和感が出てきたら交換するのが良いと思います。

先に書いたように、そう言った理由でトギーは購入するとき、まとめ買いをしています。

ただ、浮いてきても気にならない方は、『防塵カバー』と割り切って、使い続けても問題はありません。

頻繁に使わなかったり、サーバー代わりに使用している方は、十分だと思います。

まとめ

以上、『エレコム PKB-MACK2 キーボード防塵カバー ELECOM PKBMACK2|1』のレビューでした。

キーボードはネチャネチャしてくると、嫌なものです。

また不慮の水分関係のトラブルを防ぐには、リーズナブルな価格なので保護しておく方が無難です。

Apple製品はちょっとお高いですし、『Magic Keyboard(テンキー付き)』も決して安くはありませんので・・・。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ