まもなく:近頃のトギーTV

障がい・療育 手帳のお持ちの方はスマホ料金が割引に!

 

今回は、『身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳』などをお持ちの方は、スマホ料金が『割引』になる制度を紹介します。

特に『docomo』は力が入っています!

MEMO
2021年6月現在で、データ通信が無制限、電話はかけ放題を基本として書いています。

料金改革

菅政権になる前後から、携帯料金の高止まりが指摘され、いわゆる3大キャリアのdocomo、au、SoftBankの各社は、メインブランドとは別に新たなサービスを始めました。

  • docomoは『ahamo(アハモ)
  • auは『povo(ポボ)
  • SoftBankは『LINEMO(ラインモ)

と、データ容量を20GBを基本ベースにしたプランが発表されました。

 

これらとは別に、『身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳』などをお持ちの方は、メインブランドでの割引特典があります。

 

 

docomoのハーティ割引

最初に、ずば抜けて手厚い、docomoを紹介します。

 

料金プラン(5Gギガホ プレミア・税込)

  • 無制限 7,315円 ➡ 5,808円
  • 〜3GB 5,665円 ➡ 4,158円

 

音声オプションの割引(税込)

  • 5分通話無料オプション 770円 ➡ 無料
  • かけ放題オプション 1,870円 ➡ 1,100円

 

その他(税込)

  • 留守番電話やキャッチホンなどの月額使用料が60%割引
  • 各種お手続きの手数料が無料(新規契約、名義変更、機種変更、契約変更)
  • 初期設定サポートが無料
  • 「104」への通話料・番号案内料が無料

 

と、2020年に改定され、かなり手厚くなりました。

 

詳細および確認docomoのホームページをご覧ください。

 

 

auのスマイルハート割引

次に、auを紹介します。

 

基本使用料(使い放題MAX 5G・税込)

  • 330円割引

 

通話料
「スーパーカケホ」「スーパーカケホ(ケータイ)」は通話料割引の対象外

  • au電話への通話料・一般電話への通話料 50%割引
  • 他社携帯電話・PHSへの通話料 20%割引

 

その他

  • 104番号案内に関わる通話料・番号案内料は無料

 

詳細および確認auのホームページをご覧ください。

 

 

SoftBankのハートフレンド割引

最後に、SoftBankを紹介します。

 

基本プラン(音声・税込)

  • 月額料金より一律220円/月割引

 

その他(税込)

  • 契約事務手数料 無料
  • 機種変更手数料 無料
  • 契約変更手数料 無料
  • 譲渡承認手数料 無料
  • 留守番電話プラス 月額使用料を60%割引
  • 割込通話 月額使用料を60%割引
  • 位置ナビ 月額使用料を60%割引
  • 電話帳バックアップ 月額使用料を60%割引

 

詳細および確認SoftBankのホームページをご覧ください。

 

 

まとめ

3大キャリアを簡単にまとめてみました。

docomoが際立っていることがわかると思います。

コロナ禍で固定費を抑えたい方の参考になれば幸いです。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ