まもなく:近頃のトギーTV

オムロン 電子体温計 MC-6800B けんおんくん のレビュー


今回は、オムロンから発売されている『電子体温計 MC-6800B けんおんくん』をレビューします。

購入のきっかけ

少し前から体調を崩し、微熱が続いていました。

あまりにも、同じ体温が続くので「ん?」ってことに・・・。

よく考えたら20年以上前に購入したものなので、「もしかして???」と言うことになり、Amazonで検索!

けんおんくん』が一番に表示されました!

ホームページを見てみると、『毎日の測定データを、アプリで管理。』と言う、トギーの大好物の表記が!(笑)




体温の記録開始

使い方はいたって普通で、上面のボタンを押し、わき下に挟むだけ。

15秒で音が鳴り、検温完了!

ただし、これは『予測式』なので、あくまでも目安。

きっちり検温する場合は、わき下にそのまま挟み続け、約10分間すると再度音が鳴り『実測式』となります。

【実測式と予測式について】

 

電子体温計には実測式と予測式があります。
実測式とは、測定部位のその時の温度を測定し、表示する方法です。一般的に実測式体温計で正しく測るには、わきで約10分(口中で約5分)の時間が必要です。
予測式とは、平衡温(測定部が体の内部と同じぐらいになった温度)を短時間で分析・演算した値を表示する方法です。口中用、わき下用などそれぞれ専用の計算式を使っています。
(ホームページより引用)

iPhoneへ入れるアプリは『OMRON connect(オムロン コネクト)』です。



トギーはもともと『血圧計』もオムロン製のものを使っていたので、すでに入れていました。



アプリ内で機器登録を済ませ、いざ転送!

!!!

転送方法が『Bluetooth』ではない!!!

耳を傾けると、ザーザー音がしていて、その音をiPhoneのマイクが拾う『音波』転送でした。

思わず「良くできてるな〜」とつぶやいちゃいました。(笑)

画像出典:音波通信体温計 MC-6800B けんおんくん|体温計|商品情報 | オムロン ヘルスケア



そして、転送したが画面がこんな感じ。

上が血圧の数値で、下が体温。



こうなると、無駄に測り始めるのがトギーの性格!

こんなことになっちゃいました。(笑)



まとめ

オムロン製の『電子体温計 MC-6800B けんおんくん』を紹介してきましたが、iPhoneに記録が残せるのは、やっぱりイイですね!

測りすぎはご愛嬌ということで・・・。(苦笑)




今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ