Instagramを始めました!

Macへの誤解を並べてみました

今回はMacへの誤解を書いていこうと思います。
誤解の中には、「その通り!」って言うこともありますが、その辺も書きつつ…。

これは本当によく聞くお話しです。
いえいえ、これは全くの誤解です。
下記のように、マウスで右ボタン(副ボタン)が設定できます。
トラックパッドでも、ちゃんと右ボタンは押せますので、Windowsのような操作は可能です。

 

  • Microsoft Officeが使えない?

こちらも、よく聞くお話し。
ちゃんとMac版がありますよ!!!
昔と違って互換性も進んでいて、レイアウトも崩れることが少なくなりました。
ただし、フォントは変えない方が無難で、Windowsの方とやりとりする場合は特にです。

 

こちらも、e-Taxのホームページから、プラグインをダウンロードすれば可能です。
また、マイナンバーカードとMac用のカードリーダーは必要です。

 

  • どうしてもWindows専用アプリが必要

仕事上、Windowsでしか動かないアプリがある場合、奥の手があります。
なんと、MacにWindowsがインストールできるのです。

CPUがIntel製のMacであれば、『Boot Campアシスタント』と言うアプリがあり、MacでWindowsが動かせるようになるのです。

Mac1台で、両方のOSが動かせるので、場所も取りません。
ただ、キーボードの配列などが違うのでご注意を!

 

CPUが『M1』のMacの場合は、『Parallels Desktop 16 for Mac』と言うソフトを買えば、Windowsがインストールできます。
(※バージョンで16.5にする必要あり)

 

これは、否定できませんね。
ただ、去年から発売されたCPUが『M1』のMacは比較的安価で、スピードがかなり速くなってます!
もちろん、カスタマイズでスペックを上げれば、それなりの金額にはなります。

ただ、こんな1面もあります。
それは『下取りで値段が付く』と言うものです。

Windowsは複数の会社から出ているため値付けが難しく、比較的下取りなどでは値段が付きにくいですが、Macはかなり古い商品でも、売れることが多いです。
この辺はブランド力の違いでしょうか?

 

これは、半分否定しつつ、半分は肯定します。
まず、ビジネスソフトですが、上記で書いたとおり、Windowsをインストールできますので、大半は解消されます。
また、会計ソフトなどは、クラウド系が出始め、ブラウザで会計処理ができるようにもなってきました。

ゲームに関しては、確かに少ないです。
ただ、同じくWindowsをインストールすれば、できるゲームもたくさんあります。
経験が無いのでなんとも言えないのですが、3Dでグリグリ動くものは、WindowsのゲーミングPCが向いているかも知れません。

 

これは、一部の機種を除いて、ほぼ事実です。
購入後、メモリを上げたり、ハードディスクの容量をアップすることはできません。
(一部の機種はメモリの増設が可能)

少し高くなりますが、最初からカスタマイズして、購入することを強くお勧めします。

 

誤解もあれば、本当のことも合ったと思います。
トギーはAppleマニアなので、Macを勧めたいところですが、家庭で仕事をする方は、無難にWindowsを選択した方が安心でしょうね。

ただ、「家では仕事なんてしたくない!」「iPhoneを使っている」という方には、Macも検討されることをお勧めしますよ!

なんてったって、iPhoneとの親和性も良く、デザインもかっこいいじゃ無いですか!
インテリアとしても、十分機能を果たし、お客様がいらっしゃったときも「おっ!Macだ!」って言われることがあるかも?(笑)

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です