公式LINEアカウント

Apple Watch|Suica、QUICPay、IDのApple Pay(電子マネー)が便利

今回は、Apple Watchの具体的な操作方法、特に『Apple Pay』(電子マネー)の決済について書きたいと思います。

Apple Payとは

まず、『Apple Pay』の説明をしたいと思います。

Apple PayiPhoneApple Watchで、電車に乗ったり、買い物をすることができます。

使用するためには、対応しているクレジットカードの登録が必要です。

Suicaに関しては、お持ちのSuicaiPhoneに取り込むことが可能。

また、Suicaのアプリを使うことにより、iPhone上で『モバイルSuica』を作ることも可能です。

さらに、iPhone上でチャージも可能。

対応しているお店であれば、iPhoneApple Watchをかざすだけで、支払が完了になります。

サインをすることも不要です。

また、コンビニなどでも使え、非常に支払がスムーズになります。

まずは登録

登録に関しては、下記の『Wallet」アプリで行います。

』をタップして、画面にしたがって、登録していきますが、さほど難しくありません。

メモ

Suicaクレジットカードの登録方法は、Appleのホームページで、動画でご覧頂けます。
ページの下の方にありますので、ご参照ください。

『Apple Watch』にSuicaを登録

ホーム画面から『Watch』アプリをタップし、起動します。

画面を下へスクロールし、『ウォレットとApple Pay』をタップします。

エクスプレスカード』をタップし、登録した『Suica』を選択します。

この登録をすることにより、Apple Watchを何も操作せずに、ICカードリーダーに、Apple Watchをかざすだけで、電車やバスの乗り降りが可能です。

注意

この登録により、iPhoneの『ウォレット』アプリから、『Suica』カードが無くなり、Apple Watchへ移行する形になります。

Apple Watchで支払をする場合

コンビニはもちろんのこと、最近は『Suica』『QUICPay(クイックペイ)』『ID(アイディー)』で、支払いが可能なお店が増えてきました。

また、クレジットカードの種類によって『Visaでタッチ』『JCBのタッチ』など、クレジットカードをサイン暗証番号無し使えるお店も増えています。

ポイント

支払をするには、どのクレジットカードで支払うか、選択する必要があります。

選択方法は下記です。

サイドボタン(くるくる回るボタンの下)をダブルクリックします。

画面にクレジットカードが表示されます。

このカードで良ければ、ICカードリーダーにかざすだけで、支払ができます。

違うクレジットカードで支払う場合は、画面を上下にスワイプし、カードを選択します。

まとめ

以上で、Apple Watchでの支払いができます。

やや、登録だけが面倒ですが、一度セットするだけで、あとはApple Watchサイドボタンをダブルクリックするだけです。

Apple Watchを持っている方はもちろんのこと、購入を検討されている方にも、参考になれば幸いです。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

近頃のトギー・ハイブリッド - にほんブログ村