まもなく:近頃のトギーTV

macOSの再インストールで『復旧サーバーに接続できませんでした』の対処法


Macを長年使っていると、『デスクトップ型』でも『ノート型』でも、何となく違和感を覚えることがあると思います。

毎年秋ごろ『macOS』はメジャーアップグレードされ、便利な機能が増えたり、使用頻度が少ないものは廃止されたりしながら、ドンドンパワーアップしています。


新しい『macOS』を『アップグレード』する場合、現在使っている環境のまま上書きで行う方が多いです。

基本的には問題は無いのですが、毎年アップグレードを行い、数年間使っていると、極端に速度が落ちたり挙動がおかしくなったりと、『レスポンス』が低下することがあります。

今回は、そんなときにかなり有効な手段である『macOSの再インストール』を行ったとき、一瞬パニックになってします『復旧サーバーに接続できませんでした』のエラー表示の対処法を紹介します。

注意点

メモ

macOSの再インストール』は簡単に行えますが、何らかのトラブルが起こった場合、元のデータはほぼ助かりません。


事前に必ず『バックアップ(TimeMachine)』を行いましょう。


この記事をお読みの方は、かなりMacに詳しい方だと思いますが、忘れがちなポイントがあります。

ポイント

電源を入れ『コマンド』+『R』を押しながら、『macOSユーティリティ』を起ち上げます。

この時に忘れがちなのが、ワイヤレスキーボードを使っている人は、Macキーボーをケーブルでつないでおくことです。

ノート型』で本体のキーボードを使っている場合は大丈夫ですが、『ノート型』でも別でワイヤレスキーボードを使っている場合も、お忘れなく。


macOSの再インストール

コマンド』+『R』を押しながらしばらくすると、『macOSユーティリティ』が起ち上がってきます。

そして、『macOSの再インストール』選び、『続ける』をクリックすると・・・。


『復旧サーバーに接続できませんでした』


と言う、エラーメッセージが表示されることが・・・。

正直、意味がわからないと思います。

ちなみに、『LANケーブル』でネットに接続していると、このエラー表示は出ません。


ピンと来た人もいると思いますが、

Wi-Fiにつなげると、問題なく再インストールができます。

ただし、少しやっかいなのが、『Wi-Fiマーク』が見えないことがあるのです。

そう言う時は、画面の右上にカーソルを持っていき、適当にクリックしてみましょう。

そうすると、『Wi-Fiの接続メニュー』が表示されます。

Wi-Fi』への接続パスワードを入力し、接続を確認した後に再度、『続ける』ボタンを押すと無事にインストールが始まります。


まとめ と オマケ話し

macOSの再インストール』は頻繁に行う作業では無いため、ケーブルをつなぐことなど、忘れがちなポイントがあります。

オマケ話しですが、Apple Store 心斎橋のスタッフと話す機会があり、その方は半年に1度、『フォーマット』を行い、『macOS』を再インストールされると話されていました。

今はデータを『クラウド』に保存し、各種アプリも『サブスクリプション』なので、再インストールするので困らないとのことでした。

さすがAppleのスペシャリストは、徹底管理されてます!(笑)

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ