公式LINEアカウント

iPhone|フリック入力の基本とコツと復習(動画あり)


フリック入力の基本を再確認して、知らない操作がないかを再確認しましょう!

iPhone』を使う上で、『フリック入力』を使っている方は多いと思います。

中には『ローマ字打ち』や『ガラケー打ち』をされている方もいると思いますが、『フリック入力』は慣れるとかなり早く文字が打ち込めます。

ぜひ、少しでもチャレンジしてみてください!


今回はは改めてになりますが、iPhoneでの『フリック入力』の基本、コツ、復習を動画で説明します。

フリック入力の基本

  1. 基本的なフリック入力。長押しすると「あ・い・う・え・お」が表示されます。
  2. 」を長押しすると、左が「 右が」 が表示されます。
  3. 右下の「、。?!」を長押しすれば、それぞれが出てきます。
  4. 空白を長押しすると、カーソルを文字間カッコの間に動かすことができます。
  5. 左下の「地球儀」マークを長押しすると、キーボードを左右に寄せることができます。
  6. きょう」と入力すると、本日の日付が表示されます。
  7. 数字にキーを変え「630」と打つと、時間を入力できます。
  8. 慣れてくれば、すいすい入力ができます。





今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

近頃のトギー・ハイブリッド - にほんブログ村