Instagramを始めました!

iPadのマルチタスク機能が超便利!(動画あり)

 

今回は、『iPad』の機能『マルチタスク』を紹介したいと思います。

マルチタスク機能とは?

マルチタスク機能』は『iPad』の画面の大きさを活かして、アプリを同時に二つ表示することができます。

例えば、『Safari』で検索した画面と『メモ』アプリを開き、検索した内容のメモを取ると言った、ことができます。

<左画面ががSafari、右画面がメモアプリ>

 

 

初期設定

設定』を開き、『ホーム画面とDock』をタップし、『マルチタスク』へ進みます。

 

 

複数のAppを許可』と『ジェスチャ』もONにします。

 

 

Dockに

Dockによく使うAppをドラッグして、入れておきます。

下記の動画は『Safari』と『メモ』アプリを『Dock』に入れました。

MEMO
アイコンを移動させるときは、アイコンを数秒間、押し続けます。
移動が終わったら右上の『完了』ボタンをタップします。

 

 

マルチタスク機能を使う

それでは、マルチタスクを使ってみましょう。

Safari』を起ち上げ、指1本で画面下から少し上にスワイプし、『Dock』を出し、『メモ』アプリをドラッグして、画面の右側に持っていき、離します。

各アプリの画面サイズを変える場合は、境界線をドラッグして調整します。

マルチタスク機能を終了するには、境界線を右端へ持っていくと1画面に戻ります。

 

 

デスチャ

デスチャ』を使うと、『アプリ』を行ったり来たりする場合、非常に便利です。

やり方は、4 本指または 5 本指で左にスワイプすると、その前に使用していたアプリに切り替わります。

すぐであれば、右にスワイプして戻ることもできます。

MEMO
この動画はiPad Pro 12.9インチの第4世代を使用しています。

 

 

まとめ

マルチタスク機能は、iPadならではの大画面を活用した機能です。

Webを見ながら、メモを取ったりすることは、多々あることだと思います。

ぜひ活用してみてください!

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ