まもなく:近頃のトギーTV

iPhone・iPadの画面収録をMacのQuickTimeで行う

 

以前、iPhone本体で『iPhoneの画面を画面収録する方法(動画説明あり)』と言う記事を投稿しました。

今回は、『Mac』に接続して、iPhoneの画面収録をする方法を紹介します。

MEMO
ゲームのプレイ動画の収録や編集をMacでする場合に最適です。
なお、収録に使用した機種は『iPhone Ⅹ』です。

また、同じ操作を行えば『iPad』でも画面収録ができます。

事前準備

Mac』を使って、『iPhone』の画面収録を行う場合の注意点です。

  • iPhone』と『Mac』を有線のケーブルで接続します。
    Mac』で『iPhone』を充電している方や、バックアップを『Mac』でされている方は、同じ方法です。
  • 画面収録をしているときに、着信あると収録が中断するのと、通知などを入れたくない場合はiPhoneを『機内モード』にしましょう。
  • 長時間収録を行うとき、ケーブルが短いと予期せぬ事態で引っ張ってしまう場合があるので、ケーブルは長めのものを使いましょう。

以上の点をご注意ください。

 

 

QuickTime

収録には『QuickTime』と言う、アプリを使います。

普段は動画再生でよく用いるアプリですが、収録にも使えます。

 

アプリケーションから『QuickTime』を開きます。

 

 

普通は動画を見るために使うため、下記のような画面が表示されますが、『キャンセル』をクリックします。

 

 

ファイル』メニューから『新規ムービー収録』を選択します。

 

 

カメラ付きのMacをお使いの方は、内蔵のカメラ映像が表示されていると思います。

画面の下の方に『下矢印』のマークをクリックし、カメラの項目を『iPhone Ⅹ』にします。

MEMO
iPhoneの名前を変更しよう! & 他のApple製品も!』の記事のように、iPhoneの名前を変更している場合は、その名前が表示されます。

 

 

続けて、同じようにマイクの項目を『iPhone Ⅹ』を選択します。

品質項目に関しても、『』か『最高』のどちらかを選択しておきましょう。

 

 

赤い『』ボタンを押すと、収録がスタートします。

収録を終了する場合も、赤い『』ボタンを押します。

 

 

確認

収録を終了すると、下記のような画面になり、『再生』ボタンで収録内容が確認できます。

 

 

注意
確認後は必ず保存が必要です。
自動保存などは無いため、くれぐれも下記の作業を忘れずに行ってください。

 

ファイル』メニューから『保存』を行う方法が一般的です。

QuickTime』の終了や『ウィンドウ』を閉じようとすると下記の画面が表示されます。

書き出し名をつけ、保存場所を決めて、『保存』ボタンを押してください。

 

 

下記が今回、テストで収録した動画です。

MEMO
画面を小さくし、圧縮も行っています。

 

 

まとめ

以上、『Mac』で『iPhone』の画面収録をする方法です。

動画編集を『Mac』で行うことを前提にしている場合は、この方法を使えばiPhone』から動画データを写す必要がありません。

また、iPhone』本体の容量が少ないときも有効です。

 

今後この方法を使い、『YouTube』などへ『iPhoneの小技』などをアップする予定です。

現在は、ブーメラン動画しかアップしていませんが、『近ごろのトギーTV』をチャンネル登録しておいていただければ幸いです。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ