まもなく:近頃のトギーTV

水分補給|iPhoneで水分摂取量を管理するHidrate Spark 3 レビュー(動画あり)


みなさん、毎日、水分をどれぐらい摂取しているか、わかりますか?

諸説ありますが、2リットル以上は水分を摂ったほうが良いと言われています。

今回は、Apple Store限定で販売されている、『Hidrate Spark 3 スマートウォーターボトル』を紹介します。

概要・仕様

スマートウォーターボトル』は、Bluetoothで『iPhone』と繋がり、コップなどに注いだ水分の摂取量をアプリで管理ができます。

画像出典:Hidrate Spark 3 スマートウォーターボトル – ブラック – Apple(日本)



アプリは『HidrateSpark Smart Bottle』と言うもので、残念ながら英語版のみで、日本語版は2021年9月現在、出ていません。



スマートウォーターボトル』と『iPhone』をペアリング後、アプリに身長・体重・1日の運動量を入れると、水分補給の目標が設定されます。



トギーの場合は『2400〜2500 ml(2.4〜2.5リットル)』が自動計算されました。

MEMO
日によって水分の摂取目標が増減します。



ヘルスケア』に対応しているので、専用アプリだけでなく、健康状態のトータルとして一元管理できます。



<仕様>

  • Bluetooth互換性 : Bluetooth4.0
  • 電源 : バッテリー電源
  • バッテリータイプ : リチウム電池CR2477
  • バッテリー寿命 : 約6か月
  • 容量:592ml
  • 高さ : 26.42 cm
  • 幅 : 7.62 cm
  • 厚さ : 8.25 cm
画像出典:Hidrate Spark 3 スマートウォーターボトル – ブラック – Apple(日本)



底の部分にハンドルが付いていて、『リチウム電池CR2477』を交換できるようになっています。

注意
この白いパーツは『食器洗い機』に入れられません。



準備と水分の摂取

まずは、白いパーツの下の部分に『パッキン』になる太めの輪ゴムのようなモノをセットします。



ボトルに白いパーツを組み込み、底フタをしっかり閉めます。

逆側の注ぎ口を回して閉めると、準備完了です。



基本的な流れは『スマートウォーターボトル』に水分を入れ、数秒間待つと赤色の光』が点灯し、水分量の基本となります。

注意
水分を入れたあと、数秒間動かさずに『赤色の光』を点灯させないと、計測ができないので注意してください。



これで、コップへ注ぐ毎に、水分量が自動で『iPhone』へ送信されます。

MEMO
注ぎ終わったあと、『スマートウォーターボトル』を数秒間おいて固定させる必要があります。



スマートウォーターボトル』の水分が無くなれば、先に説明したように、再度水分を入れることを繰り返します。

下記のように、摂取量と時間が積み上がっていきます。



そして、目標の摂取量になると『スマートウォーターボトル』が、下記のように点灯し達成です!



追加と通知

スマートウォーターボトル以外で水分を摂取した場合も、『コップ マーク』のプラスボタンを押し、摂取量を追加することができます。



自分のライフスタイルを設定すると、1日の摂取量が平均化され、摂取ペースが遅れている場合、『Apple Watch』や『iPhone』に通知が来て、飲み忘れの防止ができます。

トギーは午前5時から午後10時までに設定しています。



飲み忘れ防止の通知の回数も設定可能です。

いろいろな項目があり、ONにすると、メッセージなども届きます。(英語)



Apple Watch』への通知。



iPhone』への通知。



まとめ

以上、Apple Store限定で販売されている、『Hidrate Spark 3 スマートウォーターボトル』を紹介してきました。

普段、水分の摂取量を意識しない方が多いと思います。

こうやって測ってみると、思っているより飲んでいなかったことに気づけました。

1日2リットル以上というのは、結構がんばって飲まないとダメな感じでした。(笑)

あと、必然的にトイレの回数も増えますが、利尿作用の促進にはなります。


デメリットをあげると、『スマートウォーターボトル』に水分を入れたあとと、コップに注いだあとに、数秒間安定した場所に置く必要があります。

ウォーキングなどに持っていった場合、歩きながら飲むとデータが送られないことになります。

あと、注ぎ口が『円筒形』ため、勢いよくコップへ注ぐと、水分が飛び散ることが多いです。

ここは少し形状を変えて欲しかったです。



今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ